ランキング1位の会社に問い合わせてみる

お電話でのお問い合わせ0120-864-950

電話で問い合わせてみる
2018.05.09
ファクタリングの事例

運送業界のファクタリング事例

運送業界におけるファクタリングの事例とは?

運送業界では、先払いや不定期な支出が多いと思いますが、実はすでに多くの企業がファクタリングを活用して資金調達をしていると知っていましたか?

そこで今回は運送業の企業が資金調達としてファクタリングを選ぶ理由実際に活用した事例をご紹介するので、これからファクタリングをしようと考えている運送業の方はぜひ参考にしてください。

運送業の企業がファクタリングを選ぶ理由

運送業の企業が資金調達としてファクタリングを選ぶ理由とは?

運送業では、車両の導入などの初期投資の他にも、燃料費や整備点検など、様々な維持費がかかる上、交通事故や車両故障などの緊急事態にも対応することを考えると、ある程度のキャッシュを手元に残しておくことは経営者として必須です。
しかし、多くの資金調達の方法がある中でなぜ運送業界の経営者はファクタリングを選ぶのか?理由をご紹介していきます。

先出しの費用が多い

まず先出しの費用が多いということが、理由に挙げられます。

運送業の場合、取引先からの入金は、一般的に荷物の搬入後である上、実際に入金されるのは2ヶ月後であったり手形払いであったりと、長期間にわたる場合が多いです。

しかし運送業の方は、それよりも前に、燃料代や人件費、その他の費用を支払う必要性があります。
こういった先出しの費用が捻出できなければ、仕事を受注すること自体ができなくなってしまいます。

だからこそ先出しの費用を確保するために、後払いの売掛金を現金化できるファクタリングを活用しているというわけです。

急な出費が多い

続いて急な出費が多いことも理由の一つに挙げられます。

自社車両の故障や、交通事故など配送に関するトラブルなど、不測の事態が多い運送業では、長期的なキャッシュフローを見定めるのは至難の技。
取引先からの急な要請などがあった場合には、トラックの手配や日雇いの人材の確保など、前払いで一部費用を負担しなければなりません。

ギリギリのキャッシュフローで事業を回転させている中小企業の場合だと、他にまわすはずだった資金を目の前の仕事に充当することによって、経営状況が悪化する可能性があります。

このような場合、ファクタリングを使えば、本来資金として使えるまでに時間がかかる売掛債権を最短で即日支払いにあてることができるので、資金調達のスピード面から選んでいる企業も多いです。

人件費や燃料費の高騰

人件費や燃料費の高騰も運送業の方がファクタリングを選ぶ理由の一つとなっています。

2017年12月、日銀が発表した企業短期経済観測(短観)調査では、宿泊・飲食業に次いで、運送業における従業員不足が明らかにされました。
とりわけ若い人材の確保が困難となっており、それにともなって運送業の従業員の平均年齢は上昇傾向。
人件費の削減もままならない状態です。

また、事業に必要不可欠な燃料代は、売上金の入金よりも前に支払い期日が訪れるだけでなく、海外情勢や為替の影響によってコストが不安定となるため、運送業における資金繰り計画を難しくする一因です。
特に、海外への輸送や国内の長距離運転を請け負っている場合は、ダイレクトにその影響を受けることになります。

だからこそ数%の手数料で売掛金を現金にできるファクタリングを選ぶ運送業の方が非常に多いのです。

設備投資にお金がかかる

大きい案件があっても、設備投資にお金がかかってしまい受注することができない…そんなできるだけ早く設備投資をしたい場合にファクタリングが選ばれています。

運送業を事業拡大するにあたってトラックなどを増車する際は、莫大な初期費用がかかります。
もし大きい案件が終わって仕事が減ったり運転する人がいなくなっても、固定資産として維持費がかかるので、さらなる資金繰りの悪化を招くことになります。
リースという手段もありますが、総支払額が結果的に高くつく可能性が高いのが難点です。

その点、ファクタリングを利用して売掛債権を頭金に振り分ければ、増車して受注数を増やすことができるのです。

業界が拡大期を迎えている

今運送業の方がファクタリングを活用する理由として最も多いのが、業界全体が拡大期にありどんどん案件が舞い込んでいるという点です。

アマゾンやメルカリなど、インターネット通販の急速な拡大をうけ、ここ数年、赤字続きだった運送業界に光が射し始めています。
宅配便の取扱個数は増加、業界規模も拡大傾向にあり、こういった需要を受けて、各運送会社も新たな配送拠点の拡張に身を乗り出している真っ最中。

増車さえすれば売上がのびる、人員をもっと確保できれば仕事の幅が広げられるなど、業界全体が拡大期を迎えています。

ファクタリングは信頼性のある売掛債権さえあれば資金調達できるので、追加融資が難しいというような小規模事業者でも時機を逃さず事業拡大に臨めます。

運送業界におすすめの
ファクタリング会社

運送業のファクタリング活用事例

運送業のファクタリング事例

それでは実際に運送業の方がファクタリングを行った事例をご紹介します。
今回1つのファクタリング業者に絞って事例を集めたので、もし気になる方は問い合わせてみてください。

活用事例1(58歳/800万/2社間取引)

取引先から、急に依頼されていた荷物の搬入を短期集中で終わらせるよう、要請があったので、日雇いのドライバーを大量に手配して手を打ちました。

繁忙期で先払いの費用がかさんでいるタイミングだったので、ファクタリングで給与をまかなうことに決定。
風評被害が怖い業界なので、割高なのを承知で2社間取引をお願いしました。
利用後も特に、こういった情報が外部に漏れているということはないようで、順調に他社とも取引を続けています。

さくさく話も進んで、申し込みから翌日には現金化できたので、圧倒的な調達スピードに驚きました。

運送業界はどこも価格競争で、いつ客が競合にとられるかわからない状況。
しかし、この一件を迅速に処理したことが評価を得て、その取引先には今も変わらずご愛顧頂いております。

活用事例2(49歳/1300万/2社間取引)

業界全体の拡大期、他社との競争に打ち勝つためにも、新規顧客の獲得に力を入れていた時期。
重いきって、大型トラック3台の導入するにあたり、その頭金にファクタリングを利用しました。

我が社の資金体力的にはリースを検討していたのですが、ファクタリングで増車に成功した同業者から話を聞いて、購入に切り替え。

手数料の関係で迷ったのですが、少しでも取引先を競合にとられる懸念材料を減らしたかったので、2社間取引で現金を調達しました。

ファクタリング業者とも相談して、結果的にリース料の試算よりも安い価格で車両を購入できたのでよかったです。
最初は少し不安でしたが、長期的な視線を持って企業にとって利益のある選択ができたと思っています。

活用事例3(53歳/1100万円/3社間取引)

業界の拡大にともなって配送拠点を新整備する必要性を感じ、その資金調達にファクタリングを利用しました。

我が社の主要な取引先は手形払いのため支払いサイクルが遅いので、常にギリギリの資金繰りで仕事をまわしている現状。
取引先に支払いサイクルの調整も打診したことがあったのですが、先方の都合もありうまくいきませんでした。
それでも、繁忙期や設備投資にお金がかかる時期は特にキャッシュフローが厳しくなることが多かったので、何とかこの現状を打開できないかと思い、ファクタリングに行き着きました。

取引先は、自社の支払いサイクルに変更がなければ問題はないとのことで、無事3社間取引を承諾して頂けました。
2社間取引だと手数料が数倍に跳ね上がるとのことでしたので、理解ある取引先で助かりました。

慢性的な資金不足がなくなったので仕事を受注しやすくなり、新規顧客の獲得もこれから期待できそうです。

運送業界におすすめの
ファクタリング会社

まとめ

運送業界にとってファクタリングは最適な資金調達方法

元々先出しの費用や急な支払いが多いという特性にくわえて、長期的な支払いサイクルや設備投資のコスト面から、運送業界には資金不足に陥りやすいという特徴があります。
そういった中で、拡大期と人材不足という摩擦を抱えている運送業界のキャッシュフローは、現在特に厳しいものとなっています。
様々なビジネスを影で支える運送業者が生き残っていくためにも、ファクタリングはなくてはならない資金調達手段の一つといえるでしょう。

ファクタリング会社の比較はこちら