ランキング1位の会社に問い合わせてみる

お電話でのお問い合わせ0120-864-950

電話で問い合わせてみる
2018.05.07
ファクタリングの事例

アパレル業界のファクタリング事例を紹介

アパレル業界におけるファクタリングの事例とは?

「大量の在庫を抱えていて銀行融資が受けられない」
「一時的に仕入れコストがかさんで支払いが追いつかない」
など、資金繰りが難しいアパレル業界で山積する経営者の悩み。
ファクタリングならこのような緊急事態にも臨機応変に対応することができます。

なぜアパレル業界はファクタリングが必要か?

衣服や雑貨、家具などの販売業は先払い後出しが原則です。
売上があがっていても、一時的な資金不足により支払いが追いつかなくなると、どんどん今後の業績に大きく響く可能性があります。
このような事態を避けるために、収支の均衡を図る手段としては、スピーディに売掛金を現金化できるファクタリングが有効です。

仕入れから販売まで時間がかかる

原材料の仕入れから加工までを一手に担うアパレルでは、実際に商品を制作してから販売を開始するまで、長い時間を要します。
しかも、その売上を待たずして、次のシーズンに販売する商品の制作に入る必要があるので、他の販売業に比べて資金不足に陥りやすい業界といえるでしょう。
このため、売上が順調にのびていても、遅れがちな入金サイトが経営の足を引っ張っているということも珍しいことではありません。
その点、本来の資金化日を待たずして売掛債権を現金化できるファクタリングは、入出金のタイムラグを調整できる手段として重宝されています。

必要資金が流動的に変化する

アパレル業界は、季節や流行による商品の入れ替わりが激しい業界です。
例えば、毛皮や厚手の生地を原材料とする冬物を制作する時期は、夏に比べてコスト増を免れません。

このように、年間を通して流動的なアパレル業界では、時期によって必要資金が変化するので、財務管理が特に難しい業界といえます。

保有している売掛債権を譲渡することで現金調達できるファクタリングなら、信用情報に後腐れなく、一時的なコスト増に局所的な対応が可能です。

スピード感が命

仕入れや在庫管理、卸値の推移など、アパレル事業者の資金管理は容易いものではありません。

それにくわえて、アパレル業界はスピードが命。
販売時期のズレが、売れ行きに重大な影響を及ぼす可能性もあるため、緊急事態には迅速な対応が迫られます。

事態が一刻を争う場合は、審査に時間がかかる銀行融資を待つよりも、多少割高な手数料を払ってでもすぐに必要金額を準備できるファクタリングが得策です。

アパレル業界のファクタリング活用事例

アパレル業界のファクタリング活用事例-min

ファクタリングは、最短即日で多額の現金を準備できる、唯一無二の資金調達手段です。
変動の激しい業界で生き残るために、ファクタリングを活用して事なきをえたアパレル業界のファクタリング活用事例をご紹介します。

ケース1 会社の成長期に利用しました

(43歳/600万円/2社間取引/)

私たちアパレル業は、長い時間とお金をかけて制作した商品が、売れて始めて利益が出るというシビアな商売です。
もとから入金が後手にまわる仕組みの業態なので、一時的な資金不足に陥るということ経営不振でなくても珍しくありません。
むしろ、実はこのタイムラグのために、経営不振いついで、好況時に多額のキャッシュが不足しやすいのです。

実際に我が社では、立ち上げた新規ブランドが予想以上の反響をみせました。
需要に生産が追いつかないという嬉しい悲鳴をあげていたのも束の間、だんだんと事態は深刻になっていきます。
なぜなら、あまりにも短期間でも急成長だったため、このままだと事業拡大に必要な投資金額が不足してしまう可能性があったのです。

チャンスを逃したくない、という思いが強かったので、役員一同で資金繰りが足を引っ張るという懸念に頭を悩ませていました。

そこで、一時的にキャッシュが追いつかなくなっていた会社の成長期に、ファクタリングを利用することに決めました。
会社の大切な時期に傷をつけるようなことは避けたかったので、取り急ぎ既存の売掛先と2社間取引で内々に話を進めた形です。

初めての利用だったのですが、3日後には契約がまとまるという急ピッチな話の進み方に、驚きました。
決して銀行融資では実現できないスピード感だとおもいます。

アパレル業界は、季節の変動や需要に必要金額が左右されやすいので、事態に即応できるファクタリングはありがたかったです。

ケース2 経営危機を乗り越えられました

(55歳/1000万円/2社間取引/)

取引先のアパレル工場との契約内容に行き違いがあり、商品の搬入に遅延が発生。
この遅延で販売時期にズレが生じたたため、一時的に在庫の山を抱えることになりました。

タイミングの悪いことに、その時期はたまたま夏物のセール前で元々大量の在庫で倉庫があふれかえっている状態。
売上は堅調でしたが、この在庫がネックとなって、銀行の追加融資の審査はどうみても絶望的でした。

もしファクタリングという手段がなかったら、アパレル業の経営自体が行き詰まっていたかもしれません。

かさむコストを少しでも削減すべく、3社間取引に絞ってファクタリング会社を検討。
長年取引させて頂いている売掛先とお願いしたので、結果的に良心的な手数料で売掛債権を譲渡することができました。

初めは、民間系会社は手数料が高いのでは、と勘ぐっていましたが、実際銀行系融資と2%も違わないような遜色ない割引率でした。

今回のように肝を冷やすような事態はできれば避けたいものですが、経営者としてピンチ時に打つ手はなるべく持っておきたいもの。
ファクタリングも、一つの手段として心にとめおき、今後も必要な場合は導入を検討していきたいと思います。

ケース3 事業の転換期に活用しました

(58歳/1300万円/3社間取引/)

百貨店を主戦場とするアパレル系会社です。
昔は強固なブランド力を誇っていましたが、時代が変われば業界もまた様変わりするもの。

SPA(製造小売業)や海外のファストファッション台頭など、新たな文化の流入は、我が社の売上に直接的なダメージと与えました。
ジワジワと業績が悪化した結果、ついに決算は3期連続赤字を叩きだす始末に。
不採算ブランドの整理を余儀なくされることになりました。

ひとまず多数あるブランドは統合、そして数少ない有力ブランドは改装や商品の選定で競争力を強化する方向に会議で決定。
しかし、長年注力し続けた事業の方向転換や解体には、どうしてもまたお金がかかってしまいます。

さらにその時期は、アパレル業界の支出における一つの山である、春物の仕入れ代金の支払いが迫っていました。
ここを乗り越えるための資金が、どうしても手持ち現金でまかないきれなかったので、売掛債権を譲渡することになったのです。

今アパレル事業の抜本的な見直しと改革が求められたあの時分は、経営陣にとっても辛く厳しいものでした。
しかし、おかげで無事苦しい時期を乗り切ることができ、いまはだいぶ業績も徐々に上向いてきています。

ケース4 仕入れ代金の補填に活用しました

(64歳/1500万円/2社間取引/)

他社から委託された衣料品の製造を主とする、アパレルメーカーです。

長年、既存の取引先からの受注がメインでしたが、極端にネットで評判が高まった商品をきっかけに、大手企業からもOEMの打診がありました。

もちろん、それ自体は非常に嬉しい話だったのですが、やはり有名アパレル企業ということだけあって、取引のスケールは想像以上。
発注数がかなり多かったことと、製造予定の商品が冬物だったために、短期的にかなり仕入れ代金がかさむ試算となりました。

といっても、入金までを乗り切れば、大幅な黒字は目に見えている状態ですから、断るには勿体無い話です。
そこで、ファクタリングにより現金調達で場をつなぐことにしました。

今後の契約に支障があると困るので2社間取引で取り急ぎお願いしましたが、アパレル業界は原価率が高い分、ファクタリングで失う手数料は痛手に感じました。
でも、このスキームのおかげで大手企業と良好な関係を生み出せたと考えれば、安く済んだのかなとも思います。

局所的に用いる調達方法というのは、アパレル事業にとって手札が少ないので、ファクタリングがあって助かりました。

ケース5 融資が望めない状況での一筋の光

(44歳/800万/2社間取引)

10代〜20代前半の女性向けブランド中心に、衣料品製造を受注しているアパレル業です。

若者向けで、プチプラを銘打ったアパレルブランドの受注が多いので、業界内でも流行による変動や、発注サイクルが激しい方だと思います。
もともと損益分岐のギリギリのラインでまわしているので、コートやブーツが製造のメインとなる冬季は、キャッシュに余裕がありません。

そんな中、委託先の海外の工場で賃上げ要求が発生しました。
協議や、他の工場への切り替えなども中長期的には検討できますが、兎にも角にも既に受注した商品がさばききれなければ、取引先からの信用を一気に失ってしまいます。

そこで、いったん相手の条件を呑むことにし、保有している売掛債権を譲渡して現金を調達しました。

額面だけ見れば安いものではありませんでしたが、時間的に銀行融資では間に合わなかったと思うので、良かったです。

スピード性と取引先の信頼を守ることへの対価と考えれば、ファクタリング会社に支払う手数料は案外妥当なのかもしれません。
ただ、電話した中にはこちらが急ぎとわかると、手数料を吊り上げてくるような会社もあったので、業者選びは慎重にしなければならないと思います。

アパレル業でのファクタリング活用法

運転資金には向かない

他の調達方法と比べてスピード性が光るファクタリングは、資金繰りが苦しい場面だけでなく、創業間もない企業や、他業種での運転資金としてよく利用されます。

しかし、アパレル業の運転資金にファクタリングを利用するのは、あまり賢明とはいえません。

なぜなら、アパレル業はファクタリングの利用率が高い建築業や製造業と比較して、原価率が高いという特徴があります。

売掛債権の譲渡による早期現金化は、もとから少ない利益を圧迫することになるので、原価割れを引き起こす原因になりかねないのです。

一時的なコスト増や成長期におすすめ

では、アパレル業においてどのような局面で、ファクタリングは有効活用できるのでしょうか?

ポイントは、売上が確実に上がっている状況で利用することです。

アパレル業は、製造から販売まで長い工程を経る分、売上があがるまでに時間がかります。
その最終的な収支がプラスになる見込みなのであれば、仕入れ代金など工程における一時的なコスト増にファクタリングで資金を充当することは、適切です。
需要に応えるためのキャッシュが追いつかないなどの、アパレル事業の成長期にも、うってつけの手段といえるでしょう。

逆に、慢性的な赤字や債務超過を抱えている場合、ファクタリングの利用はおすすめできません。

事業の将来性を考えた投資や、業績が好転するための解決策を模索している時期など、長期的にお金が必要な場合は、低コストで調達することが重要です。
消費者金融のビジネスローンなど、低金利で借りられる金策を検討しましょう。

ビジネスローンとファクタリングの違いを比較する

まとめ

アパレル業界は、売上金が手元に入るまで時間がかかる上、季節や流行など年間を通して流動的。
そのめまぐるしい動きに対応するスピード感も求められるので、必要となる金額が読みづらく、資金繰りが難しい業界です。
信頼性のある売掛債権さえあれば、多少の在庫不良や業績悪化の企業でもすぐに利用することができるファクタリングは、アパレル業界になくてはならない資金調達方法といえるでしょう。
一時的な資金不足に短期集中してファクタリングを活用すれば、業績の回復、アパレル事業の拡大に専念することができます。

ファクタリングについてもっと詳しく

ファクタリング会社の比較はこちら