2020.04.08
給料ファクタリングの基礎知識

LINEで申し込みOK!給料ファクタリングのアプリ業者を紹介

LINEで申し込みOK!給料ファクタリングのアプリ業者を紹介

給料ファクタリング業者の利用は基本的に、電話か公式サイトからのWeb申し込みが一般的。

そんな中、一部の給料ファクタリング業者ではアプリ形式を採用。

Apple StoreかGoogleストアから専用アプリをダウンロードすることで、簡単にお申し込みが可能です。

この記事では、そんな便利なアプリ型の給料ファクタリング業者のメリットとデメリットについて解説。

あわせて話題の給料ファクタリングアプリ3社や、他の現金調達方法も紹介していきます。

アプリ型給料ファクタリングのメリット

アプリ型給料ファクタリングのメリット

確実にネット化が進んでいる現代では、給料ファクタリングもその例に漏れずLINE完結アプリ型の業者が増えてきています。

アプリ型の給料ファクタリング会社を利用すると、一般的な業者と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?

電話連絡が必要ない

一般的な給料ファクタリング業者は、公式サイトからのWeb申し込みか、直接電話をかけることでお申し込みが可能です。

しかし、Web申し込みをすれば業者と電話でやりとりせずにすむのかといったらそんなことはありません

通常の給料ファクタリング業者では、希望金額の条件や支払い日時、手数料など契約内容を確認するためにも電話連絡が必須

たとえ公式サイトから申し込みフォームを送信したとしても、折り返し業者から確認の電話がかかってきます

その点、アプリ型の給料ファクタリング会社なら、電話確認ナシで利用可能!

電話で話すのは苦手、ちょっと怖い…というような方にはハードルが下がるというメリットがあります。

在籍確認がない

給料ファクタリングの申し込みにおいて、電話連絡以上にハードルが高いのが在籍確認

在籍確認とは、利用者が申告した勤務先で本当に働いているかどうか、実際に職場に電話をかけて確かめる工程です。

保険会社などを装って電話をかけてきてくれるうえに、本人が出なくとも、他の人が電話をとって利用者の在籍を確認できれば構わないのですが、職場や利用者の事情によっては、困るという人もいらっしゃるでしょう。

アプリ申し込みは、もともとネットで手続きを済ませたいというユーザーの需要が発端。

電話を嫌がるユーザーの気持ちを理解しているからこそ、多くのアプリ型業者は同じく在籍確認ナシというスタイルをとっています。

必要書類の提出が簡単

給料ファクタリング業者では主に、以下の3つの書類を画像送信する必要があります。

  • 顔写真付きの身分証明書
  • 保険証
  • 給与明細書

一般的な給料ファクタリング業者を利用する場合、これらの画像は全てメール添付FAXが基本。

これらの画像をいちいち撮影、添付を繰り返すのは面倒ですし、特に指示がない業者がほとんどなので、場合によっては形式の変換撮り直しを命じられることもあります。

その点アプリ型の給料ファクタリング業者なら、アプリに画像をアップロードするだけなので簡単!

写真を撮って、メールを開いて…という手間なく、一瞬で必要書類の画像を送信できます。

アプリ型給料ファクタリングのデメリット

アプリ型業者のデメリット

ネットに慣れた現代人にとっては嬉しいアプリ型業者ですが、当然メリットばかりではありません。

電話連絡ナシで利用者を受け入れるということは、給料ファクタリング業者にとってはそれなりの回収リスクが伴います。

したがって、そのリスクヘッジをするために、アプリ型給料ファクタリング会社には、普通の業者にはない厳しい部分も存在するのです。

給料ファクタリングのアプリ型業者のデメリットは、以下の通りです。

  • 必要書類が多い
  • 手数料が高い
  • 取り立てが厳しい

必要書類が多い

本人への電話連絡や在籍確認は、利用者が嘘をついていないか、そして本当にその職場で働いているかどうかを確かめるためのものです。

アプリ型業者はそれなしで、利用の申告内容や身元に嘘はないかを判断しなければなりません。

このため、身分証明書とともに映った自撮り写真など通常の給料ファクタリング業者では必要ないものが求められる場合も。
また、少しでも怪しいところがあると感じると、公共料金の請求書住民票の提出を要求されることもあります。

すぐに準備するのが難しい書類もあるので、そういう場合には在籍確認ありでも必要書類の少ない業者を選んだ方が、早く現金を手に入れることができるでしょう。

手数料が高い

アプリ型業者は、電話連絡や在籍確認を行う給料ファクタリング会社と比べて利用者が虚偽の申告をする可能性が高いです。

こういった回収リスクを補うために、アプリ型業者の手数料はもともと高く設定されているというデメリットがあります。

一般的な給料ファクタリング会社であれば、優良店だと手数料は15%程度。

しかし、アプリ型業者だと平均30%前後の手数料を徴収されます。

取り立てが厳しい

アプリ型業者は他社に比べて回収リスクが高い分、取り立てには特に力を入れています。

定められた返済日を過ぎると、登録した電話番号にひっきりなしに着信が。

それを無視すると今度は勤務先へ電話がいきます。

厳しいところだと、支払日を1日すぎただけで、お構い無しに勤務先へ連絡されてしうという噂も。

返済できる確証がないという方や、勤務先に絶対にバレたくないという方は使わないほうがいいでしょう。

代表的な給料ファクタリングアプリ3つを紹介!

代表的な給料ファクタリングアプリ3つを比較!

給料ファクタリングアプリは、気軽に申し込みできて、スキマ時間にネット手続きできるというメリットがあります。

その一方で業者側には回収リスクがあるため、手数料が高い返済に厳しいなどのデメリットが存在するのも確か。

しかし実際の仕組みや対応各社によって異なります。

そこで、業界を代表する給料ファクタリングアプリ3つを紹介!
自分に合ったアプリ型業者探しの参考にしてくださいね。

ビアペイ

ビアペイ

ビアペイは正社員のみOK!
パート・アルバイト・派遣社員の方は利用することができません。

手数料は30%前後で、最大でも5万円と低い利用上限額が特徴。
少額から始めてみたい初心者の方におすすめです。

ビアペイは、「給料ファクタリングが貸金業」という見解が金融庁から発表された際には、経営活動に問題がないかわざわざ金融庁に相談しに行っています。

そして無事「貸金にあたらない」という回答を得たことをHPで公表しているので、安全性についても信頼できますね。

ただし、「支払い遅延の場合は個人情報を公式サイトに掲載する可能性があります」と警告しているほど、取り立ては厳しめ

そのほか、資金繰りの問題で申し込みが否決される場合もあるなど、中小企業ならではの弱点も抱えています。

ウォレットリンク

ウォレットリンク

ウォレットリンクは、電話連絡なしで利用できるのが魅力!

手数料も、25〜30%とアプリ型業者の中でも安い価格設定になっています。

ウォレットリンクの最大のメリットは、対応が良いこと!
特に支払い期限を待ってくれることで有名で、ネット上では最大1ヶ月まで待ってくれたという口コミもあります。

LINEで申し込める気軽さもあり、接客で選ぶなら間違いなしの優良店
しかし、過去に何かトラブルがあったのか、在籍確認については現在実施しているようなので、職場に電話をかけて欲しくないという人は注意が必要です。

ENZO

ENZO

ENZOは、顧問弁護士の助言を得て運営している健全な給料ファクタリング会社!

そのぶん8%〜25%という他社を寄せ付けないクリーンな手数料でサービスを提供しています。
パートやアルバイトもOK、さらに基本給だけでなくボーナスも買取対象という柔軟性がメリットです。

在籍確認は、勤務時の写真社内メールアドレスをENZOに送付することで代替可能!

ただし本人への電話連絡は必要で、他社の利用歴現在の借入総額などについヒアリングされます。

他の資金調達方法も検討を

他の資金調達方法も検討を

現金を調達する方法は、給料ファクタリングだけではありません。

そこで、給料を前借りする以外の資金調達方法についても紹介します。

おまとめローン

消費者金融からもう借りられないと諦めていませんか?

実はおまとめローンなら、既に複数社から借り入れがある人でも利用することができます。
おまとめローンとは別名、借金の一本化とも呼ばれる方法。

例えば、A社から30万円、B社から20万円の借金があるとします。
この場合、C社から新たに50万円を借りてAB各社に返済。
今後はC社に借金を返済していくというのが、おまとめローンの特徴です。

お求めローンには返済先が1つにまとまるだけでなく、金利負担も軽減されるというメリットがあります。

中央リテール

中央リテール

消費者金融の中にはおまとめローンを専門に扱っているところもあります。
中央リテールの窓口の担当者は全員国家資格を取得済み
金利試算から返済のお悩みまで、あらゆる相談に乗ってくれる頼もしい機関です。

中央リテール
公式サイトはコチラ

中央リテール
公式サイトはコチラ

クレジットカード現金化

給料をわざわざ前借りしなくても、クレジットカードさえ1枚あれば現金調達が可能です。

クレジットカードでの現金調達といえば、借入専用枠であるキャッシング枠を設定する必要があります。

しかしクレジットカード現金化ならショッピング枠を使うのでどのカードでもOK!

専門のネット業者に依頼すれば、カード決済金額を現金に変えて振り込んでもらえます

個人のクレジットカードを使うので、もちろん在籍確認もありません

換金クレジット

換金クレジット

ネット業者の換金クレジットなら365日24時間申し込み受付!

指定されたショッピングサイトでカード決済を行えば、即日最短5分で現金を振り込んでもらえます。

手数料もカード決済額の10%〜20%程度と良心的です。

換金クレジット
公式サイトはコチラ

Amazonギフト券買取

クレジットカード現金化は自分で商品を購入、転売することでも可能です。

そのなかでも、高換金率かつに売買できることから人気を集めているのが、Amazonギフト券。

世界最大級のショッピング市場アマゾンの公式サイトからカード購入可能。

専門の買取サイトにコード番号をメール送信すれば額面の90

%前後で買い取ってもらえます。

買取ボブ

買取ボブ

買取ボブはAmazonギフト券買取サイトの中でも口コミで人気ナンバーワンの優良店。

初回買取価格90%保証なので初心者でも簡単に高換金率での現金化が実現できます。

買取ボブ公式サイトはコチラ

まとめ

給料ファクタリングアプリで楽して現金を手に入れよう

それでは最後に給料ファクタリングアプリについてわかったことをまとめます。

  • アプリ型の給料ファクタリング業者は電話連絡や在籍確認不要なところが多い
  • ただし手数料が高い、返済に厳しいなどのデメリットもある
  • 必要書類が揃わないなど、在籍確認アリの業者に申し込んだ方がいい場合もある
  • 消費者金融から複数の借り入れがあっても、おまとめローンなら利用できる
  • 在籍確認が嫌ならクレジットカード現金化やAmazonギフト券買取という手もある

電話連絡や在籍確認の有無は給料ファクタリング会社それぞれの規定によって異なります。

ただし個人カードを利用するクレジットカード現金化であれば在籍確認は行われません

なるべくネット操作だけで手続きを済ませたいという方は、他の現金調達方法も検討してみましょう。