ランキング1位の会社に問い合わせてみる

お電話でのお問い合わせ0120-864-950

電話で問い合わせてみる
2020.04.30
ファクタリングの基礎知識

個人事業主もOK!即日対応のファクタリング会社を紹介

個人事業主もOK!即日対応のファクタリング会社を紹介

どうしても今日中に現金が必要!そんな急な資金調達には、ファクタリングが便利です。個人事業主でも即日利用できるファクタリング会社と、その日中に入金してもらえるコツを解説します。

即日でファクタリングするなら2社間取引

即日でファクタリングするなら2社間取引
もし即日で売掛債権を現金化してもらいたいなら、2社間ファクタリングがおすすめ。

利用企業ファクタリング会社だけで契約するので、すぐに早期現金化の手続きにうつることができるからです。

特に、100万円程度少額の売掛債権額であれば、ファクタリング会社にとって回収リスクが低いため、即日で買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。

逆に数千万円の売掛債権を、即日買取してもらうのは、よほど条件が揃っていない限り厳しいです。

回収リスクが高い分、売掛債権の確実性売掛先の経営状態を審査するのに時間がかかるためです。

また、2社間ファクタリングでは、売掛先から自身の口座に入金された売掛金を、利用企業がファクタリング会社にうつしかえることで返済します。

このため利用企業の使い込みリスクを懸念して、手数料は額面の20~30%と高めに設定されています。

3社間取引は即日入金不可

ファクタリング会社利用企業、そしてその売掛先で契約する3社間ファクタリング

売掛先から直接売掛金を振り込んでもらえるので、回収リスクが低く、したがって手数料が安いという特徴があります。

しかし残念ながら、3社間取引では売掛債権を即日買取してもらうことはできません

なぜなら3社間ファクタリングでは、売掛先への通知・承認が必須。

そして売掛先にその通知・承認を行うための書類は、郵送(内容証明便)で送られるので、契約したその日のうちに間に合わないのです。

また、3社間ファクタリングを契約するには、債権譲渡登記が必要です。

債権譲渡登記とは、売掛債権の所有権がファクタリング会社にうつったことを公的に示す手続き。

東京都にある法務局でしか手続きできず、一般的には司法書士弁護士に代理で依頼することが多いので、これも即日ではほぼ不可能だといえます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いを解説

直接訪問が即日入金の鍵?!

即日で入金してもらうためには、ファクタリング会社を直接訪問するのが確実です。

ファクタリングの手続きで時間がかかるのは、業者からの折り返し連絡を待っている間と、必要書類を確認する時間

電話申し込みをして、ファクタリング会社に訪問したい旨を伝えましょう。
緊急性が高いことが業者にも伝わるので、優先的に案内してもらえるかもしれません。

担当者と一緒にその場で書類を確認できるので、電話やメールでやりとりするよりもずっと早く手続きが済みます。

即日のファクタリング取引に必要な書類

即日のファクタリング取引に必要な書類
即日でファクタリング会社から入金してもらうためには、以下の書類をFAXメール添付で業者に送信する必要があります。

  • 法人の印鑑証明書
  • 身分証明書
  • 給与振込口座の通帳コピー
  • 売掛債権を証明する書類

ファクタリングの審査対象は基本的に、売掛先売掛債権

このため利用企業に関する必要書類は、登記簿謄本や印鑑証明書など、身元を明らかにする必要最低限のもので十分となっています。

必要書類の中で最も大切なのは、売掛債権の存在を証明する書類です。

契約書や納品書、請求書など、売掛債権額支払い日時が明記されているものをいくつか準備しておくと取引がスムーズでしょう。

また、ファクタリング会社によっては上記の他に、以下の必要書類も求められることがあります。

  • 登記簿謄本または会社謄本
  • 納税証明書
  • 2〜3期日分の決算書

売掛金の使い込みリスクを調べるために、利用企業の経営状態を確認できるものが必要なんですね。

実際の入金スピードは?

実際の入金スピードは?
それでは、もしファクタリング会社に即日入金してもらえる場合は、一体どのくらいのスピードで現金を振り込んでもらえるのでしょうか?

よく、振込みまで最短30分〜1時間を謳っている業者がありますが、これは誇大広告

実際には、2時間〜半日ほどかかるので、折り返しがかかってくるまでの時間を考えると、午前中には申し込んでおくのがベストです。

個人事業主もOK!即日対応のファクタリング業者

個人事業主もOK!即日対応のファクタリング会社

ビートレーディング

ビートレーディング
小口から大口までの売掛金に対応しているビートレーディング。
最短12時間で融資可能なので、午前中に申し込めば即日で売掛債権の早期現金化ができます。
対応可能額は最大3億円まで、と大手ならではの資金力が魅力です。

ビートレーディング
公式サイトはコチラ

ウィット

ウィット

もともと少額の売掛債権買取に特化しているウィットなら、小口の即日融資はお任せ!
最短2時間〜半日という超特急の振込みスピードが自慢です。
30万円の売掛債権を5%の手数率で買い取ったという実績があるので、コストパフォーマンスの良さもお墨付きですよ。

ウィット公式サイトはコチラ

アクセルファクター

アクセルファクター

アクセルファクターは、全ての企業の資金調達を応援する目的で設立。
その言葉通り、株式会社、個人事業主、非営利法人などの形態に分け隔てなく利用可能!
審査通過率はなんと93%で、エビデンスとなる書類もメール・FAXで送信OK非対面で即日融資してもらうことができます

アクセルファクター
公式サイトはコチラ

まとめ

即日の資金調達はファクタリングにおまかせ
それでは最後に、即日でファクタリング会社を利用する方法についてまとめます。

  • 即日でファクタリング会社に入金してもらうなら、2社間取引がおすすめ
  • 3社間取引は売掛先への通知・承認や債権譲渡登記が必要なため、即日の利用ができない
  • ファクタリング会社に直接訪問すると、即日に入金してもらえる可能性が高い
  • 必要書類はメール添付やFAXで送信可能な業者を選ぶとスピーディ
  • 即日利用OKのファクタリング会社の実際の入金スピードは3時間〜12時間(半日)程度
  • 即日に資金調達したい場合は、午前中にファクタリング会社に電話申し込みしよう

経営者ではなく、サラリーマンなど雇用される側の立場の人なら、個人で利用できる給料ファクタリングという方法もあります。
本来の支給日よりも早く給料を受け取ることができるので、一時的な金欠や出費に困ったら、利用してみると良いでしょう。

即日で利用できる給料ファクタリング会社をチェック

ファクタリング会社の比較はこちら