ランキング1位の会社に問い合わせてみる

お電話でのお問い合わせ0120-864-950

電話で問い合わせてみる
2018.05.23
ファクタリングの基礎知識

ファクタリングの審査

ファクタリング利用時の審査について

銀行やビジネスローンが難しい経営者にとって、ファクタリングは最後の砦。
気になる審査項目はほとんど銀行系融資と同じですが、その比重に差があり、中小企業でも利用しやすい基準が整っています。
事前にファクタリングの審査の特徴を知ることで対策を講じ、スムーズな利用に繋げましょう。

ファクタリングの審査項目

①売掛先の信頼性

ファクタリングは、売掛債権の売買取引。
売掛債権を担保に金銭を貸し付ける銀行融資と違って、ファクタリング会社は回収リスクも含めて売掛債権を買い取ります。
このため、売掛先が万一代金の未払いや、破綻を起こした場合でも利用会社に弁済義務はありません。

このためファクタリングの審査では、売掛債権の支払い主である売掛先の信用力を最重要視するのが特徴です。

自己資本率や利益率などキャッシュフローの数値、他社の借入件数や返済履歴などの信用情報など、基本的な信用調査のほか、利用会社との取引年数など、売掛先の信頼性を徹底的に調査します。
ちなみにこういった調査は、信用調査会社や信用情報機関を通じて秘密裏に行われるため、取引先に知られる心配はありません。

②売掛金の条件

ファクタリングでは、取引の対象となる売掛債権の信頼性についても、審査が行われます。

新規取引先や単発の案件など、突発的なものよりも、継続的な取引のある売掛金が好まれます。
定期的に安定して入金されているという実績がある方が、売掛金回収の確実性が高いためです。

こういった未回収リスクは、審査の通過しやすさだけでなく、手数料に直結する部分でもあります。
国が支払先となる介護・医療報酬債券など、信頼性の高い売掛債権は1%〜5%と割安の手数料で、逆に、季節性や景気に左右されるなどリスクの高い取引では、その対価として高めの手数料が設定されることがあります。

③利用会社の信頼性

ファクタリングの審査の対象は売掛先が中心となりますが、利用会社についても同じように、基本的な信用調査が行われます。
といっても、売掛金がファクタリング会社に入金されるまで倒産しなければよいので、多少の債務超過赤字決算は、目を瞑ってくれます。

ここでファクタリング会社が重視しているのは、売上入金口座が差し押さえられていないか、複数社に売掛債権を売却する二重譲渡をしていないかなど、売掛金の回収に関わる問題です。

他にも、ファクタリングは実際に会って面談するのが基本的な流れとなりますので、申告内容の虚偽の有無やそのときの印象など、経営者の人柄も含めて総合的に判断されます。

ファクタリングの必要書類

ファクタリングは、利用会社と売掛先について必要最低限の書類があれば、簡単に審査を受けることができます。

まずは、利用会社の基本的な書類として、商業登記簿謄本と印鑑証明書や経営者本人の身分証。
経営状態を確認するための、決算書や確定申告書などの資料も準備しましょう。
あとは、売掛先企業や売掛債権の証明書類として、基本契約書類や請求書、過去の入金が確認できる通帳を用意すれば準備完了です。

そのほか、条件やファクタリング会社によって必要書類は異なりますが、基本的な必要書類は上記の通り。

金融機関からの借り入れと違って必要書類が少なく、手続きも簡単かつスピーディです。


審査の通過率

ファクタリングの審査通過率

銀行融資やビジネスローンよりも審査が甘く、通りやすいといわれるファクタリング。
気になる実際の通過率は一体どのくらいなのか、取引の種類別に比較しました。

2社間ファクタリング

売掛先に秘密裏で資金調達が可能な2社間ファクタリングは、信頼関係を重視する企業文化を持つ日本において、需要の高い取引です。
そんな2社間取引の実際の審査通過率は、70%~80%。
手数料が8〜40%(平均20%)とファクタリング会社にとって利益の大きい取引のため、必然的に通過率も高くなっています。

しかし、売掛先に知られずに取引を進めるためには、一度自社に入金された売掛金をファクタリング会社に移し替えるという作業が必要です。
一度利用会社の口座に入金されることによって、他の代金の自動引き落としや、使い込みなど、代金回収リスクが発生することになります。

このため2社間取引は、売掛先からファクタリング会社へと直接入金が行われる3社間取引よりも、利用会社の信頼性が重視される傾向があります。

通過率の高さから分かる通り、多少財務状態が悪い企業でも十分に利用は可能ですが、こういったリスクは手数料に反映されるので、コスト面が割高になる点に注意が必要です。

3社間ファクタリング

売掛先の承認をえて契約を結ぶ3社間取引では、売掛金が直接ファクタリング会社の口座に入金されます。
利用会社がいったん間に入る2社間取引と異なり、売掛先から直接的な債権回収が可能という点で、回収リスクが低くなるので、利用会社の信用力はそれほど重視されません。

しかし、3社間取引の実際の通過率は、40%~50%。

担当者が承諾しても、社の方針で、ファクタリング会社と取引する口座が開設できないなど、売掛先の承認が得られないケースが、成功率を下げる要因となっているようです。

また、3社間ファクタリングの手数料は、1〜5%と2社間取引と比べてうまみの少ない取引。

手数料収入が低いにも関わらず、一定のリスクを請け負う必要があるので、そのぶん売掛先の信用力に対する審査が厳しくなっているということです。

審査に落ちてしまう条件

柔軟な審査基準が売りで、銀行系融資が受けづらい企業でも利用可能がファクタリングの魅力です。
しかしどんな企業でも審査が通るというわけではないということを覚えておきましょう。

まず、利用会社と売掛先のどちらかでも、資産の差押え中など極端に財務状態が悪い場合、または反社会的勢力や性風俗業界である場合、ファクタリングは利用できません。
また手続きの関係上、債権譲渡登記ができない個人事業主も一部のファクタリング会社でしか利用することができないので注意しましょう。

ほかにも、回収リスクの関係上、支払いサイトが長すぎる(45日以上)、月商の半分を超える希望額など、審査のマイナスポイントとなる取引の条件がいくつかあります。
これらの条件は、様々な項目と加味された後、総合的に審査結果が判断されることになると考えてください。

まとめ

ファクタリングは融資ではなく、債権譲渡という取引なので、審査対象の中心は売掛先とその売掛債権となります。
柔軟な審査基準によって行われるため、多少経営状態の悪い会社でも利用することができるのが魅力です。
ファクタリングは銀行系融資と違って、最低限の書類があれば、簡単に申し込むことができるだけでなく、信用情報にも残らないので、複数社の審査を受けて見積もりを出してもらい、比較、検討するのがおすすめです。

ファクタリング会社の比較はこちら