ランキング1位の会社に問い合わせてみる

お電話でのお問い合わせ0120-864-950

電話で問い合わせてみる
2018.05.16
ファクタリングの基礎知識

ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングと手形割引の違いとは?

約束手形を本来の期日よりも早く現金化する手形割引と、売掛金を前倒しでもらうファクタリング。
どちらも会社の資金として使うまでに時間がかかるお金を、早期現金化する手段ですが、比較すると様々な違いがあることがわかります。
両者の特性を理解して、場面に応じて賢く使い分けましょう。

約束手形とは

約束手形とは、現金の代わりに支払いを約束した文書を発行することです。

あらかじめ「いつ、いくらのお金を支払います」と期日と金額を指定、金融機関を通して支払いを確約します。

現金取引につきまとう紛失、盗難リスクを回避することができるため、大金が動く企業間の支払いにおいて古くから利用されている決済手段です。

手形割引の仕組み

約束手形の登場は、手元に資金がない状態の企業でも仕入れや買い付けを可能にし、商取引を活性化させました。

しかし、支払いに約束手形が利用された場合、受取側の企業は支払期日まで待たないと、そのお金を会社の資金として使うことはできません。

この受取側の不都合を解消するのが、実際の資金化日よりも前に約束手形を換金できる手形割引という方法です。

銀行などの金融機関から約束手形を担保にした融資を受ける方法で、本来の期日よりも前に、約束手形の額面から手数料を差し引いた金額を受け取ることができます。

ファクタリングと手形割引の違い

手形割引と、売掛金のファクタリング。
どちらも、取引先からの支払いを早期現金化するという目的は同じで、一見非常に類似したサービスのように思われます。

しかし、ファクタリングは「債権譲渡」、手形割引は「融資」という決定的な違いをはじめ、両者を比較すると様々な相違点があります。

ファクタリングと手形割引の比較
ファクタリング 手形割引
取引種類 債権譲渡 担保融資
不渡りリスク なし あり
審査 取引先 自社+取引先
手数料 5〜20% 1〜5%
限度額 10万〜3億 審査による

違い①不渡りリスク

手形取引には、経営悪化や倒産などを理由に、支払期日になっても取引先からお金が支払われない、という不渡りリスクが存在します。

手形割引は、あくまでも約束手形を担保とする融資契約なので、万一期日に売掛先からの支払い場合は、自社で支払いを弁済する必要が生じます。

これに対してファクタリングは、丸ごと売掛債権をファクタリング会社に売却する、債権譲渡契約です。
売掛先から支払いがなかった場合、利用会社がそれをファクタリング会社に補償しなければならないという償還請求権はついていません。

このように、一般的に「ノンリコース型」と呼ばれるファクタリングを利用すれば、万が一取引会社が売掛金の未払いや破綻を起こした場合でも、返金義務がないので、不渡りリスクを回避することができます。

違い②審査

手形割引の審査では、約束手形を銀行に持ち込んだ企業(受取側)の支払能力が重視されます。
万が一約束手形が不渡りとなった場合、受取側の企業がその支払いを補償できなければ、銀行は大きな損失を被ってしまうことになるからです。

それに対して債権の売買であるファクタリングの審査は、売掛債権の信頼性に重点が置かれます。
取引の対象となる売掛債権が確実に回収できれば、ファクタリング会社側に損害はありません。

このため、ファクタリングは債務超過や赤字決算など、多少のマイナスポイントがある企業でも利用することが可能です。

違い③手数料

手形割引とファクタリング、どちらも取引先からの支払いを早期現金化する資金調達方法ですが、手数料は大きく異なります。

手形割引の手数料は、約束手形の額面に対して、1〜3%。
それに対してファクタリングは、利用会社や取引の形態によって振れ幅が大きく、売掛金の額面に対して平均5〜20%です。

売掛先の未払いリスクを抱え込むファクタリングの方が、保証料という観点から、調達コストが割高になっています。

また、債権譲渡という取引の形式をとるファクタリングは、貸金業法の制約を受けません。
このため、ファクタリングの手数料を利息換算すると、国で定められている利息制限法の上限18%を超える場合があります。

違い④調達スピード

手形割引の審査は、手形が持ち込まれるたびにその都度審査を行うのではなく、あらかじめ企業の信用力に応じて手形割引の上限枠を設定します。

金融機関と定期的に行なっている企業は、その範囲内であれば、銀行の窓口で手形と引き換えに、数日で現金を手に入れることが可能です。
ただし、手形割引の金額が会社の限度枠を超える場合や、新規取引先とのこれから手形割引をするという場合は、審査に2〜3週間かかります。

その点ファクタリングは、新規取引先からの額面の大きい売掛金でも、ファクタリング会社が扱える金額であれば対応可能。

着金スピードも、最短即日〜数日と迅速なのが特徴です。

違い⑤会計処理上の違い

手形割引とファクタリングは、取引の性質が異なるので、会計処理上の仕訳にも違いが生じます。

手形割引は、手形を担保とする貸付なので、貸借対照表上では短期借入金として計上します。
それに対してファクタリングで調達した資金は、あくまでも債権売買によって得た利益となるので負債の部に記載する必要はありません。
むしろ、売掛金を縮小できるので、バランスシートのオフバランス化になります。

このようにファクタリングは、手形割引と違って信用情報に残らないので、追加融資や来期の借入れの審査に響かずに資金調達が可能です。

どちらを利用すべきか?

ファクタリングと手形割引

審査に問題がない会社なら、低コストで資金調達が可能な手形割引がおすすめです。
それに対して、財務内容に不安があり、厳しい銀行審査を通過するのが難しいという中小企業の場合は、売掛先の信用力を重視するファクタリングなら利用できる可能性があります。

また、ファクタリングは、取引先の支払いリスクに特化している保証ファクタリングなど、事前に要望に応じた契約を結ぶことも可能です。

どちらか一方しか使わない、というのではなく、手形割引の枠内におさまらない金額に関しては、ファクタリングを利用するなど、場面に応じた使い分けを考えましょう。

まとめ

ファクタリングと手形割引は、いずれも取引先からの支払いを早期現金化し、キャッシュフローの改善をはかるために用いられる資金調達方法です。

手形割引は、約束手形を担保とする融資契約で、審査対象は自社となり、不渡りリスクがあるのが特徴。
ある程度資金に余裕がある企業でないと審査を通過することはできませんが、低コストでの資金調達が可能です。

それに対してファクタリングは、売掛債権を対象とする債権譲渡で、審査対象は売掛先が中心となるため、自転車操業の企業でも利用が可能です。
不渡りリスクをヘッジできますが、そのぶんコストが割高なので、スピード性など他のメリットと天秤にかけて、柔軟に利用することをおすすめします。
ファクタリングの関する全体像を掴むなら

ファクタリング会社の比較はこちら