ランキング1位の会社に問い合わせてみる

お電話でのお問い合わせ0120-864-950

電話で問い合わせてみる
2018.04.27
ファクタリングの基礎知識

個人事業主でも利用できるファクタリングとは

個人事業主でも利用できるファクタリング会社とは?

銀行融資がほとんど望めない個人事業主にとって、資金繰りは非常に厳しい問題です。ファクタリング会社の多くは企業を相手にしたサービスが多いですが、個人事業主の方でもしっかりと対応してくれる会社は存在します。

個人事業主でも利用できるファクタリング会社の比較と特徴を紹介していきます。

個人事業主向けのファクタリングの仕組み

ファクタリングの特徴は、審査対象が売掛先となることです。
このため、融資審査の厳しい個人事業主の方でも、ファクタリングなら資金調達が可能になります。

ただし、個人事業主は法律上、ファクタリングの手続きで必要となる、債権譲渡登記ができません。
債権譲渡登記とは、この売掛債権が自分のものであると第三者に対して法的に証明するための手段です。
つまりこれができない個人事業主との契約はファクタリング会社にとって、公的に売掛債権の所有権が証明できないというリスクをはらんでいます。

こういった手続きの関係上、個人事業主とファクタリング契約を結んでくれる会社は限られているのが現状です。

個人事業主でも利用できるファクタリング業者

最近では、需要の高まりに応じて、債権譲渡登記ができない個人事業主でも利用できるファクタリング会社が増えてきています。

そこで早速、数ある個人事業主でもファクタリングができる優良業者をご紹介します。

業者①ビートレーディング

ビートレーディング

基本情報
会社名 (株)ビートレーディング
設立 2012年4月
住所 (本社)東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F (福岡支店)福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
営業時間 平日9:30〜19:00
金額 100万円〜3億円
取引サービス 2社間・3社間

特徴

2社間取引に強みがあり、特に情報流出に関しては徹底した配慮で好感が持てます。
大手ならではの守備範囲の広さや、スピード性に定評がある、個人事業主対応のファクタリング会社です。

売掛先が個人事業主でも対応可

ファクタリングの審査では、自社の信用力を対象とする銀行系融資と違って、主に売掛先の信用力が評価されます。

このことから、依頼主でも法人でも、売掛先が個人事業主であった場合、ファクタリングは一気に難しくなります。
これが、依頼主も個人事業主、さらに売掛先も個人事業主となれば、調達はほぼ絶望的といえるでしょう。

このように、個人事業主を門前払いする業者も多い中、業界屈指の大手ビートレーディングでは、個人事業主対個人事業主のファクタリングも受付けています。

もちろん、経営が安定しているか、継続的な取引があるか、など売掛先の審査は必須となりますが、一縷の望みを託してみる価値はあるでしょう。

良心的な手数料

ファクタリングの手数料は、買取金額から売掛先の信用力など様々な条件に従って決定するため、一概にはいえません。

しかし、資金繰りの厳しい個人事業主にとって、調達コストは最重要項目。
一時的に難を逃れても、手数料が今後の経営を圧迫するようでは元も子もありません。

その点、ビートレーディングは良心的な手数料価格と、懇切丁寧な内訳の説明が特徴の個人事業主対応のファクタリング会社です。

契約に関わる必要経費から、ファクタリング会社の益金となる分まで詳細に説明してくれるので、納得して手続きに進むことができます。

また、売掛債権の買取金額の査定は無料で行なっているので、個人事業主の方は迷ったら一度、診断してもらうことをおすすめします。

口コミ

建設業 47歳 400万円 3社間取引

家業を継いだ工務店の個人事業主です。
ハウスメーカーの住宅づくりの他、地元の繋がりで、店舗の施工を中心に引き受けています。

法人から800万円の仕事が舞い込んできたので、その制作費用として、ビジネスローンではまかないきれなかった400万円を資金調達するために利用したしだいです。

せっかく大きな仕事を受注してもコストがかさんでは意味がないと思い、慎重に検討した結果、個人事業主への実績が厚いビートレーディングさんに決めました。

工事の仕事も、お客さんと膝を突き合わせて作っていく仕事なので、同じようにこちらの要望に辛抱強く耳を傾けてくださる姿勢に好感が持てました。

業者②ウィット

ウィット

基本情報
会社名 (株)ウィット
設立 2016年11月
住所 東京都新宿区高田馬場1-25-28 佐薩ビル4F
営業時間 9時〜18時
金額 最小30万円〜
取引サービス 2社間のみ

特徴

調達すべき資金額は、いつも高額というわけではありません。
むしろ、「残りのあと数十万が工面できない」というのが個人事業主をはじめとする、リアルな経営者の声。
そんな需要に応えた、少額買取のファクタリングサービスを提供している個人事業主対応の会社が、ウィットです。

500万円以下の小口専門

実際、資金繰りに苦しんでいる経営者の多くは、中小企業や個人事業主などの小規模事業者といわれています。

こういった実態を踏まえて、ウィットでは500万円以下のファクタリングに特化。

ファクタリングでは珍しい非対面式を採用しているので、全国からの依頼に対応しています。
電話1本で申し込み可能なので、忙しい個人事業主の方でも利用することができます。

他にも、取引金額が少額だからこそ実現できる、個人事業主にとって痒いところに手が届くサービスを提供しています。

最速スピード、最大コストパフォーマンスのすぐれもの

個人事業主のファクタリング利用は業者にとって、手間がかかるうえにリスキー。
それにくわえて少額の取引ともなれば、個人事業主対応のファクタリング会社であっても、どうしても手数料が高くなってしまうのが一般的です。

しかし、ウィットは資金繰りに苦しむ小規模授業者や個人事業主の声に応えて、

「最小単位30万円を95%買取」

の実績を公式ホームページでも掲げています。

また、それだけでなく、売掛金の信用力が高く、提出書類も完備しているなどの一定の条件下であれば、

「最短2時間での成約」

と、即日を約束する業者の中でも最速のスピードを謳っています。

このように、高いスピード性とコストパフォーマンスを兼ね備えた個人事業主対応のファクタリング業者は、ウィットを差し置いて他にないといっても過言ではありません。

口コミ

アパレル業界 31歳 60万円 2社間取引

取引先のアジア繊維工場が、賃上げ要求のストライキで一時稼働中止に。
売掛金の入金日延期を求められました。

ちょうど仕入れの多い時期でギリギリの資金でまわしていたため、発生した不足額を埋めるため、ファクタリングの利用を決めました。
できれば即日、最低でも数日、というスピード感を求めていたので、銀行系融資はもちろん鼻から頭にありませんでしたね。

それどころか、複数の業者に連絡している時間もないと思い、小口の取り扱いがあるファクタリング業者を下調べ。
最短2時間を謳うスピード性に惹かれて、一刻も早く、という思いで必要書類を整えて朝一に電話をかけました。

色々条件の確認などもあって2時間というわけにはいきませんでしたが、午後には無事に現金調達完了。
即日という言葉は嘘ではありませんでした。

電話越しでも丁寧だったので、非対面式でも安心して利用することができました。

業者③Mentor capital

Mentor capitalのロゴ

基本情報
会社名 (株)Mentor capita]
設立 平成21年9月7日
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-12
営業時間 平日9:30~18;30
金額 非公開
取引サービス 2社間のみ

特徴

メンターキャピタルは、業界内で堂々たる地位を築いている、信頼性の極めて高いファクタリング会社。

4000万という高額な資本金、設立10年目となる運営歴など、目で見える実績が信用の証明です。

買取実績業界No.1の実力

メンターキャピタルは、顧客満足度92%と高い数字を誇る、2社間取引に特化したファクタリング企業です。

そんなメンターキャピタルが、業界内でも買取実績No.1を誇っている理由は、全国の様々な売掛債権を買取対象としているためです。

ファクタリングが使われやすい、介護福祉業や建設業などをはじめ、IT業、メディア・広告業、製造業、運送業、など、その取扱業種は多岐にわたります。

一般的にファクタリングを利用しづらいとされる業種や、個人事業主の方でも、頭ごなしに断るようなことはありませんので、安心して申し込みができます。

コンサルティング業を兼任する金融のプロ企業ならではの目線でアドバイスももらえるので、根本的な資金繰り改善の相談にもおすすめです。

来社不要の全国対応

メンターキャピタルが本社を構えているのは新宿ですが、申し込みは、日本全国どこの企業からでも可能です。

ファクタリング利用前の面談も、専任の担当者が赴いてくれるので、地方の経営者でも来社の必要はありません

自分が東京まで出向く時間はないけど、郵送での書類提出や、完全非対面でのファクタリングは不安…という地方経営者のニーズに応える仕組みを完備しています。

口コミ

製造業 46歳 150万円 2社間取引

仕入品に加工をし、それをまた納入するという請け合いの加工工場です。

製造の工程がズレて遅延が発生したため、資金繰りがうまくいかなくなり、同業他社の友人に相談したところ、売掛債権の売却でMentor capitalさんを薦められました。

少しニッチな産業だったので、取り扱ってくれるか不安でしたが、積極的な買取姿勢を示してくれたのでこちらとしても話しやすかったです。

見積もりフォームの概算額と実際の手数料もほとんど変わらなかったので、個人事業主と侮らず、誠実に対応してくださった印象です。

業者④ファクタリング東京

ファクタリング東京

基本情報
会社名 (株)ライズジャパン
設立 1998年5月
住所 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2F
営業時間 平日9:30~19:00
金額 10万円〜1億円
取引サービス 2社間・3社間

特徴

個人事業主対応の企業の中でも、ファクタリング東京の最大の特徴は、10万円〜の少額買取に対応している点。
しかも、最短即日での買取が可能なので、数十万円などわずかな資金不足の強い味方です。

個人事業主や中小零細企業のサポートに特化

ファクタリング契約には、印紙代などの必要経費を含めると通常3〜10万円の費用がかかります。
このため、通常のファクタリング業者は少額買取に消極的。
くわえてその相手が個人事業主ともなれば、大して採算が取れないうえに、請け負うリスクが高くなるので、業者が尻込みするのはもっともといえるでしょう。

しかし、ファクタリング東京はその点、個人事業主や中小零細企業へのサポートを徹底しています。

最小単位10万円〜という買取単位で、個人事業主の小規模案件も積極的に取り扱ってくれる、優良業者といえるでしょう。

老舗ならではの安心感

最大1億円までの買取に対応できる資金力と、年間買取件数1000件を超える取引実績。

これが、ファクタリング東京が他の業者ではなしえない小規模案件や、個人事業主を取り扱える最大の理由です。

設立5年以内という同業他社も数多く存在している中で、ファクタリング東京のほぼ20年という長い運営実績は、どんな言葉の上っ面よりも信用できます。

また、他にもマーケティング事業や広告代理店業に携わっているので、ファクタリング業者自体に懐疑的な人でも安心して利用できます。

こういった理由から、

「ファクタリングは初めてだけど、とりあえず失敗したくない」
「複数のファクタリング業者に見積もりを出してもらう時間がない」

など、安心感を求める個人事業主の方におすすめの業者です。

口コミ

IT業界 35歳 30万円 2社間取引

技術力があっても、体力面が追いつかず、制作費が資金繰りを圧迫していた時期に利用しました。

あくまでも対症療法的に使いたいだけだったので、極めて少額の売掛債権を買取希望。
創業1年未満のベンチャー企業も支援していると聞いて、個人事業主でもここなら助けてくれるのではないかと思い、相談しました。

他社にも見積もりをお願いしましたが、親身になって話を聞いてくれたのは、ファクタリング東京さんだけだったように思います。

さすがに審査は慎重で、即日というわけにはまいりませんでしたが、個人事業主という扱いにくい案件であるにも関わらず、良心的な手数料で実行して頂けたので満足しています。

業者⑤トップ・マネジメント

トップ・マネジメント

基本情報
会社名 (株)トップ・マネジメント
設立 2009年4月
住所 東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F
営業時間 平日9時〜19時
金額 記載なし
取引サービス 2社間・3社間

特徴

トップ・マネジメントは、財務、経営に関するコンサルティング業務やリスク分析などを同社で取り扱っているのが特徴です。
会社名の通り、ファクタリングのみならず、会社経営を総合的にマネジメントしてくれるので、個人事業主の方にとっては頼もしい存在になりそうです。

スピード対応に強み、見積もりはわずか7秒

トップマネジメントはスピード性に自信を持っており、最短即日での入金が可能です。
個人事業主対応ということだけでなく、全国対応かつ来店不要というマルチな対応力を持っています。

特に公式サイトの見積もりフォームは7秒で入力完了というスピード診断。

他にも、自社のコンサルティングに関するノウハウを活かして相談を受け付けてくれるので、資金調達にお悩みの個人事業主の方は、一度話を聞いてもらうことをおすすめします。

交通費キャッシュバック

トップマネジメント独自の試みが、交通費キャッシュバック。

全国対応、来店不要を謳っていますが、中には審査、手続きの都合上どうしても会社を訪れなければならない可能性もあります。

近場ならまだしも、遠方に在住し、多忙を極める個人事業主様のような場合、その出張によるコストと時間の損失ははかりしれません。
このため、トップ・マネジメントでは、契約が成立した場合、かかった交通費を全て負担してくれるサービスを実施しています。

ファクタリングを検討している地方在住の個人事業主の方は、トップ・マネジメントの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

口コミ

小売業 36歳 400万円 3社間取引

最寄り駅が整備され、テレビなどで取り上げられたこともあり、地域が活性化が進んでいます。
そこで、海外の人気雑貨を輸入しようと思いましたが、ちょうど閑散期だったのでその時期は資金不足でした。

今後客足の増加が見込めるということもあって絶対失敗しないと思っていたのですが、どこも個人事業主というだけで話を聞いてくれませんでした。

そんな中、トップ・マネジメントさんは耳を傾けてくれて、無事契約が成立。

入金スピードも迅速で、遠方でしたが相談から1週間足らずで対応してくれました。

経営のことに関しても首を突っ込んでくれたので、人によってはありがた迷惑かもしれませんが、私は参考になったので、有難かったです。

個人事業主向け業者の特徴

法人と比べて売掛金が少額、かつリスキーな個人事業主との取引は、ファクタリング業者からすると非効率な案件ともいえます。

このため、個人事業主のファクタリングを引き受けてくれる業者は、少額の売掛金でも利益を生むことができるだけの資金力や信用調査のノウハウを有している業者がほとんどです。

また、二つ目の特徴として、経営方針に個人事業主をはじめとする、小規模事業者の救済を掲げていることがあげられます。

日本にある会社のほとんどは中小企業ですから、その資金繰りを助けることは、日本の未来を守ることに繋がります。

このような考えがあるからこそ、旨味の少ない個人事業主との取引も積極的に引き受け、親切に対応してくれるんですね。

個人事業主向け業者の選び方

個人事業主OKのファクタリング業者でも、その対応は各社様々。

まず、依頼主が個人事業主なのか、売掛先が個人事業主なのか、はたまたその双方が個人事業主なのかで、受付の可否が会社によって変わります。
自分の希望する取引(二者間か三社間)も、各社で取り扱いが変わるので、公式サイトや電話問い合わせでしっかり確認しましょう。

また、経営者本人がファクタリング契約に多く時間をとられると、それがそのまま事業の損失になってしまうということも個人事業主の場合は大いにあり得ます。

ファクタリング契約は面談必須な業者がほとんどなので、地方在住や忙しい個人事業主の方は、近隣都市部のファクタリング会社や、全国対応かつ来店不要の業者を選ぶようにするとよいでしょう。

個人事業主がファクタリングを利用するメリット

数ある資金調達方法の中でも、ファクタリングを選択するメリットは、最短即日のスピード性です。
銀行系融資や公的融資のような低金利が実現できない代わり、ファクタリングは緊急事態にも迅速に対処できるので、被害を最小限に食い止めることができます。

さらに、ファクタリングは売掛債権という自己資産の売却なので、その利用は信用情報に残らず、書類にも負債として計上する必要がありません。
こういった要素を鑑みると、信用情報や個人事業主だからこそ厳しくなる、本命の金融機関の融資審査までのつなぎ資金としても有効活用できます。

ビジネスローンとの比較

個人事業主の資金調達方法として、消費者金融が提供するビジネスローンがあります。

どちらも最短即日での借り入れが可能ですが、ファクタリングの手数料が平均20%なのに対し、ビジネスローンの金利は15〜18%。
コスト面ではビジネスローンが有利といえます。

しかし、担保や保証人が不要かつ、売掛先の信用力を重視するファクタリングの方が、ビジネスローンよりも審査通過率は高いといえるでしょう。
ファクタリングとビジネスローンの違い、詳細はコチラ

個人事業主の審査

売掛金の条件

ファクタリングの審査は、売掛先だけでなく、取引の対象となる売掛債権そのものの条件がチェックされます。

注目されるのは、まずは売掛債権の額面です。
事務手数料や人件費などの必要経費を考えると、数万円単位の案件ではファクタリング会社は収益をあげることができません。
このため、個人事業主対応の会社に持ち込む場合でも、売掛債権の額面は最低でも数十万円〜が必要となります。

また、売掛債権の支払いサイトも審査に大きく影響します。
売掛金が入金されるまでに時間がかかると、そのぶん倒産など回収リスクが高まるので、60日以上など長い支払いサイトの売掛債権は、敬遠されがちです。

さらに、売掛金がきちんと支払われることが最重要視されているので、突発的な取引で生じた売掛金よりも、毎月安定して発生している売掛金の方が審査通過率が高まります。

このように、売掛先の信頼性そのものだけでなく、売掛債権の性質が審査結果を左右することを覚えておきましょう。

経営管理の信頼性

個人事業主に対応するファクタリング会社が少ない最大の理由は、信用力の低さにあります。

個人事業主は、事業と事業主の資金が一体で、青色申告をしなければ資産状況を報告する必要もありません。
確定申告も個人で済ませていれば、第三者に帳簿が適正かどうかを確認されることはないので、法人と比べてはるかに資産状態が不明確なのです。

それだけでなく、債権譲渡登記もできないため、ファクタリングにおける個人事業主の審査は、経営管理体制の信頼性が重視されます。

信頼を高めるためにも、記帳はしっかり行い、必要書類や取引資料、帳簿なども不備なく用意しましょう。
経営者本人の信用度もチェックされているので、遅れることなく、事前にファクタリングの基礎知識を身につけてから面談に臨むことが大切です。

ご利用前に注意すべきこと

個人事業主に対応しているファクタリング会社は一定数存在するものの、まだその取引自体は特殊といえます。

このため個人事業主のファクタリング取引は、あくまでもケースバイケース。

売掛債権の条件や自社の状況によっては、サイトに記載されている最低条件を満たしていても、契約してもらえなかったり、手数料が高くなってしまう場合があります。

また、契約後に双方で意見の食い違いや誤認がないよう、見積もりの時点で詳細を話し、手数料の目安を確認しておくことが大切です。

まとめ

法人取引が一般的なファクタリングですが、中には所有する少額の売掛債権を買い取ってくれる個人事業主対応のファクタリング会社も存在します。
ただし、個人事業主との取引は、どうしてもファクタリング会社側にとっては高リスクです。
手数料が割高になることや、ある程度審査が厳しくなるということは覚悟しておきましょう。

また、サイトに記載されている条件だけでなく、自社の状況や売掛債権の条件で契約の可否や手数料は異なってきます。
個人事業主対応のファクタリング業者のうち、複数社から見積もりをもらって、比較、検討を重ねましょう。

ファクタリングについての概要はこちらへ

ファクタリング会社の比較はこちら