ランキング1位の会社に問い合わせてみる

お電話でのお問い合わせ0120-864-950

電話で問い合わせてみる
2018.04.26
ファクタリングの基礎知識

ファクタリング利用のメリット・デメリット

ファクタリングにおけるメリットやデメリットとは?

近年ファクタリングの利用者は増加傾向にありますが、ファクタリングを利用するメリットは一体何か?

またファクタリングを利用するデメリットやリスクはないのか?

ファクタリングのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

ファクタリングのメリット

ファクタリングは、金融機関からの融資と違って「借り入れ」にあたらないのがポイントです。

借り入れではなく、売掛債権という自社の資産を使って資金を調達するからこそ、得られるメリットがあります。

スピーディな現金化が可能

ファクタリングは、数ある資金調達方法の中でトップクラスの調達スピードを誇っています。

銀行で融資を受ける場合は、早くても数週間〜1ヶ月。

しかし、買掛金や税金が一部足りない、といった想定外の事態に陥った場合はすぐにでも資金調達が必要です。

ファクタリングなら契約の種類や内容によっても異なりますが、最短即日で資金調達が可能です。

実在する売上である売掛金を、実際の資金化日よりも少し早く現金化するだけなので審査も手続きも早いです。

売掛金さえしっかり確保できていれば利用できるので、銀行の融資のように長い間待たされた上に審査に落ちる可能性がないのも嬉しいメリットです。

担保・保証人不要

ファクタリングの2つ目のメリットは、担保、保証人一切不要で現金が調達できる点です。

金融機関からの借り入れには、万が一返済できなかった時のために、担保や保証人が必要です。

担保に差し入れるための不動産などがなければ銀行融資を期待することはできませんし、かといって保証人を立てるのもなかなか容易なことではありません。

ビジネスローンも無担保・保証人不要で借りることができますが、代わりに社長が連帯保証人にならなければならないのでこの点は懸念です。

しかし、ファクタリングならこういった金融機関からの借り入れにまつわるしがらみも全て解消してくれます。

なぜなら、ファクタリングは借り入れではなく、売掛債権の売却によって資金を得る方法。
あくまでも自社の資産である売掛債権を売り、その対価として現金を得ているので、借り入れと違って担保や保証人は一切必要ありません。

売掛債権の売買として1回の取引が独立しているので、抵当権や返済リスクなどに縛られず、後腐れなく利用することができます。

審査に通りやすい

ファクタリングの3つ目のメリットは、審査に通りやすいことです。

銀行融資は、貸し出したお金を長い時間かけて、利息分と共に回収する必要があります。
貸し倒れになってしまうと大規模な損失となってしまいますから、厳しい審査基準のもと、時間をかけて相手の返済能力を精査しています。

こういった慎重な検討の末、低金利での融資が実現できるわけですが、そのかわり業績が危ないと判断された場合は融資を受けることが難しいです。

その点、ファクタリングは、赤字決算や債務超過の企業であっても審査が通りやすいというメリットがあります。

自社の保有している売掛債権が取引の対象となるので、主に審査されるのは売掛先の信用力。

売掛金が入金されるまでに売掛先が倒産しなければいいのでその審査基準もかなり柔軟で通りやすいといえるでしょう。

必要書類も膨大な量が必要となる銀行融資と違って、売掛金の存在や額面を証明する書類、決算書などがあればいいので手軽に利用できるのも嬉しいポイントです。

不渡りのリスクがない

支払いサイトの長い場合や手形払いなど、信用取引をする以上、支払われるはずのお金が入ってこないというリスクは少なからず生じます。

しかしファクタリングには資金調達できるだけでなく、同時に不渡りリスクを解消できるというメリットがあるんです。

ファクタリングは、自社の売掛債権を譲渡する取引。
実はこの時、「売掛金を受け取る権利」だけでなく、「売掛金を回収する義務」も相手に引き渡しているんです。

ファクタリングのように売掛債権を使って資金調達を行う売掛債権担保融資や、手形割引でも、この性質はありません。
銀行が提供するこれらのサービスは、一見ファクタリングと酷似しているように見えますが、
あくまでも売掛債権や手形を受け取った企業の信用力を担保に資金を貸し出しているという仕組みになっています。
このため、どちらも利用する場合には自社の返済能力の審査を受ける必要があり、
万が一取引先の企業がお金を支払えないような場合には、自社に弁済義務が生じます。

それに比べてファクタリングは、売掛債権を丸ごと譲渡しているので、審査の対象のメインはあくまでも売掛先で、弁済義務もありません。

利益を先取りすることができるだけではなく、リスクヘッジをも同時にできてしまう点も大きなメリットです。

信用情報に影響がない

金融機関からの借り入れは、過去から現在に至るまでの負債・返済に関する記録まで全て信用情報に載ってしまいます。

こうした信用情報に過度な借り入れや支払いの遅延が掲載されていれば、今回だけでなく今後も金融機関の審査に通ることは難しくなるでしょう。
そうなると当分新しい融資を受けることはおろか、新規事業の立ち上げなど業務の拡大もできなくなってしまいます。

それに比べてファクタリングは、信用情報に影響を与えることなく資金調達できるというメリットがあります。

ファクタリングは、「売掛債権という資産を売却して資金を得る」という一種の売買取引に該当するため、負債として計上されることはありません。

むしろ、売掛金が圧縮されることによって、貸借対照表をスリム化できるなど、会計処理上のメリットがあります。

上手に活用してバランスシート上の負債が減らし、資本利益率を向上させることができれば外部からの評価が高まるので、結果的に銀行からの融資も受けやすくなるでしょう。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングサービスは利用時に必ず手数料という形で報酬を支払います。
この手数料は、売掛先の信用力によって異なりますが、銀行金利や手形割引の割引率より高めに設定されていることが多くなっています。

ファクタリングは債権譲渡によって金額をお金を手に入れる方法なので、貸金業法の制約を受けません。
とりわけ売掛先に内密にしてファクタリングを行う二社間取引という方法の手数料は、売掛債権の額面の6〜40%と幅があります。
調達コストと考えれば致し方のないことではありますが、相場の20%の手数料でも貸金業法の利息制限法の上限「18%」を上回ってしまうので注意が必要です。

ファクタリングの利用を売掛先に対してオープンにして行う3社間ファクタリングだと手数料は1〜5%と大きく安くなります。
しかし未納の支払金に手を出すという意味でファクタリングにあまりいい印象を抱かない取引先も中にはいます。

この場合、ファクタリング利用を機に取引先との関係が悪化する恐れもあるので注意が必要です。

まとめ

資金調達方法としてファクタリングのメリット・デメリットを語る上でのネックになるのが、ファクタリングが債権譲渡という行為に該当する点です。

金融機関からの借り入れとは取引の性質が異なる分、審査や資金調達までにかかる時間、信用情報の点で数々のメリットが挙げられます。

しかし貸金業に当てはまらない分、手数料が高く調達コストがかかるのがデメリットです。

このため調達コストが割高であることを差し引いても、最短即日の調達スピードや審査通過率の高さなどファクタリング独自のメリットが活かせるかどうかが利用の分かれ目となるでしょう。

ファクタリングについて知っておきたい事はこちらへ

ファクタリング会社の比較はこちら