ランキング1位の会社に問い合わせてみる

お電話でのお問い合わせ0120-864-950

電話で問い合わせてみる
2018.04.26
ファクタリングの基礎知識

ファクタリングとは?仕組みやメリットなどを解説

ファクタリングは最高の資金調達方法だった!?

ファクタリングとは、売掛債権を第三者である金融機関(ファクタリング会社)に売却することで資金が調達できるサービスです。 ファクタリングは主に次のような問題を解決してくれます。

ファクタリングの利用を検討している人は、

  • 金融機関からの融資が受けられない
  • 急な売上増減で一時的に資金が足りない
  • 入金が遅延して資金が不足
  • 支払いサイトが長くて資金繰りが難しい

などでお悩みではありませんか?

実はこうした悩みを抱えている人にとって、ファクタリングは最高の資金調達方法と言えるでしょう。

そこで今回の記事では、なぜファクタリングが最高の資金調達と言えるのか?ファクタリングとは一体どんな仕組みなのか?ファクタリングのご利用を検討している方のためにファクタリングについて徹底解説していきます。

ファクタリングの仕組み

売掛債権が実際に資金化されるまでにかかる期間は、平均1.5ヶ月。

一刻も早く現金を手に入れたい、というような場合にはとても待っていられる時間ではありません。

そこで、この資産をすぐに仕事にまわせる資金とするために、売掛債権を別会社に譲渡して現金に変えてしまおうというのがファクタリングの発想です。

売掛債権を実際の額面より小さい金額で現金化

売掛債権を実際の額面よりも小さい金額で現金化してもらうのが、ファクタリングの仕組み。

ファクタリング会社が債権を買い取ってくれることで、利用会社は本来の入金予定日よりも早く、現金を手に入れることができます。
そのかわりファクタリング会社に、売掛金早期現金化の報酬として、売掛債権の中から手数料を支払わなければなりません。

このためファクタリング取引では、売掛債権を実際の額面より小さい金額で現金化することになります。

「企業にとっては必要な時に資金調達ができる」
「ファクタリング会社は売掛債権の本来の期日まで待っているだけで手数料収入が得られる」

というwin-winの取引といえるでしょう。

ファクタリングの具体例

まず、A社にB社から売掛金500万円が発生したとします。
支払い期日は2ヶ月後ですが、A会社はこの時、新規事業参入を検討中。
その運転資金確保のため、すぐにその売掛金を資金化したいと考えています。

そこで、A社はファクタリング会社に申し込み、B社の売掛金500万円の早期現金化を依頼します。

まずは、A社とファクタリング会社で、発生した売掛金の金額や支払い期日、手数料など取引の条件を双方で確認、合意。
その後、実際の売り上げをもとにした取引のため、簡易的な審査が行われます。
審査が無事通過すれば、A社の指定口座に、B社の売掛債権の額面からファクタリング会社への手数料分を差し引いた金額が入金されます。

例えば売掛債権500万円を譲渡して、実際に振り込まれたのは480万円だとすると、残りの20万円が、手数料としてファクタリング会社の懐に入ります。

売掛金と売掛手形について

売掛金とは、取引先からまだ支払いをうけていない商品やサービスなどの売上金のこと。
1ヶ月先の支払い期日になっていたりする他、売掛手形といって、支払いに手形が使われるなどして、現金化するまでなかなか時間がかかる存在です。

つまりこのとき、企業は「支払い代金を受け取る権利」は持っているのに、実際に手元には現金がない状態です。

通常の状況であれば、経営者の方はもちろん、こういった入金サイトを考慮に入れて資金繰りを考えておられると思います。

しかし時には、資金としてまだ使えないこの売掛金の状況を、もどかしく感じたこともあるのではないでしょうか。

そこで、「支払い代金を受け取る権利」である売掛債権を売って、現金を入手するのがファクタリングという手段です。

ファクタリングを使えば、先方となかなかうまく折り合いがつけられない場合でも、自社の資金繰りにとって都合良く、入金サイトを調整することができます。

ファクタリングと手形割引の違いについてはこちらへ

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリット

ファクタリングは、売掛金を会社の資金としてすぐに使えるようにするための資金調達方法です。

入金こそまだされていないものの、売掛金というきちんとした売上の存在を前提とした取引のため、金融機関からの借り入れなどの他の資金調達方法にはないメリットがあります。
そんなファクタリングのメリットを5つ、紹介致します。

メリット①スピーディな現金化が可能

ファクタリングの強みは、圧倒的な資金調達スピードです。

ただでさえ、資金として使えるようになるまで数ヶ月を要する売掛金を、たった数日で現金化できるのは、ファクタリングの大きな魅力です。

中には、申し込みから最短即日で入金が可能なファクタリング会社もあります。

審査に何週間もかかるうえに、最悪の場合落ちてしまう可能性すらある銀行融資と比べても、ファクタリングは確実で頼もしい味方です。

メリット②担保・保証人不要

金融機関から借入れを行うには、保証人や担保が必要となります。
しかし、そもそも担保に差し入れる不動産がない場合もありますし、保証人を立てるのも一苦労です。

それに比べて、ファクタリングは、売掛債権という自社の資産を売却して資金を得る取引。

もとから売掛金という確実性の高い資金をあてにしているので、担保も保証人も一切不要で、現金を調達することができます。

メリット③審査に通りやすい

ファクタリング会社に入金されるお金は、本来の支払い期日に、利用会社の売掛先によって支払われます。

このため、ファクタリングの審査の対象は、利用会社の売掛先がメイン。

つまり、自社に多少の財政難があったとしても、売掛金自体の証明がきちんとできれば何の問題もないということです。

このようにファクタリングは、その取引の性質上審査に通りやすいため、銀行の審査を通過するのが難しいという企業でも安心して利用することができます。

メリット④不渡りの心配がない

もし売掛先が売掛金の支払いを手形でおこなっていた場合、企業には不渡りというリスクが発生します。

しかし、ファクタリングで早期に現金化してしまえば、そのような心配はいりません。

売掛債権を売却するということは、「お金を受け取る権利」と同時に、「お金を回収する義務」も丸ごと相手に譲渡しているということ。
つまり、万が一売掛先が売掛金を支払えなくなったとしても、利用会社がファクタリング会社にお金を支払う必要はありません。

もちろん、ファクタリング会社もそのようなことがないよう、十分に売掛先の審査をおこなっています。
しかし、取引先の不渡り倒産のリスクを回避できるのは利用会社にとって大きなメリットといえるでしょう。

メリット⑤信用情報に影響がない

ファクタリングという手段は、売掛債権の売却にあたるので、負債を増やすことなく資金調達が可能です。
借り入れではないので、信用情報に履歴が残ることもありません。

むしろ、売掛金が圧縮されることによって、貸借対照表をスリム化できるなど、会計処理上のメリットが存在します。

一方、銀行系融資で借り入れを行うと、そのお金は会計上、負債に分類されてしまいます。

負債が膨らめば決算の赤字は免れません。
そして赤字になれば、株価や今後の取引にも悪影響が出てしまうことになり、経営状況は一気に悪循環に陥ります。

ファクタリングのデメリット

資金不足に迅速に対応できるスピード性の他にも、借り入れでないという観点から様々なメリットが得られるファクタリング。
しかし、利用を検討する上では、きちんと心しておかねばならない点もあるので、注意が必要です。

まず、調達コストとしてやむを得ないことではありますが、ファクタリングをするには手数料を支払わなければなりません。

銀行金利や手形割引の割引率より高めに設定されていることが多いので、調達スピードや審査基準などのメリットと天秤にかけて、活用するかどうかを考える必要があります。

また、ファクタリングは、日本の企業文化の間ではまだそれほど浸透していない点にも注意が必要です。

取引先に知られてしまうと、「売掛金にまで手を出すほど資金繰りが苦しいのか」と変に勘繰られ、今後の取引に悪影響を及ぼす可能性もあるということを頭に入れておきましょう。

ファクタリング利用のメリット・デメリットの詳細はこちら

業界別のファクタリング事例

ファクタリングは、業種を問わず様々な場所で幅広く利用されています。

その中でも、一つの案件で大金が動くような建設業界では、ファクタリングは頻繁に利用されています。
さらに、給与の先払いがある人材派遣業、在庫や季節の変動が資金繰りに影響するアパレル業界など、一時的に出費がかさむ業界もファクタリングが多く利用される業界です。

ゼネコン・建設業界

ゼネコン・建設業界
ゼネコン・建設業界では、リース料や外注費の前払いなど、工事に関わる費用のため、案件一つで大金が動くのが特徴です。

その金額の大きさゆえに手形での支払いが一般的となっている他、作業が天候に左右されるなど、他の業界よりも資金繰りが難しいため、頻繁にファクタリングが利用されています。

特に中小企業の間では、工事自体はきちんとこなせていても、キャッシュフローがうまくまわらないというケースは珍しいことでありません。

このため、大きな案件がまわってくるなどのチャンスが訪れてもその費用が捻出できず、結果的に事業拡大の機会を見逃してしまうこともあります。

このような事態を避けるため、ファクタリングによって用意した資金を事業拡大や受注案件の着工にあてることで、うまく現場をまわしている企業が増えています。

建設・ゼネコン業界のファクタリングの詳細はこちら

人材派遣業

人材派遣業
建設業に次いでファクタリング利用が多いのは、人材派遣業です。
派遣社員に給料の先払いをしなければならない他、売掛先からの入金は基本的に数ヶ月後であるなど、その資金繰りは常にシビアな状況に置かれています。

このように、入金サイクルの都合によっては、売り上げがあっても支払いが追いつかない場面がある業種なので、その間をうまくとりもつために、ファクタリングが利用されています。

人材派遣業のファクタリングの詳細はこちら

アパレル業界

アパレル業界
アパレル業は、仕入れから販売までを管理するため、売上まで長い時間がかかります。

また、季節によって必要な資金が大きく変動するのも特徴です。
コートやブーツなど原価が高いものを販売する冬季はどうしてもより多くの資金が必要となるので、必然的に資金繰りが苦しくなる時期があります。

さらに、アパレル業界は、流行などによって商品の入れ替わりが激しいため、スピード感が命ともいわれている業界。

このため、一時的に大量の在庫を抱えた状態でも、事態に迅速に対応できるファクタリングは、アパレル業の強い味方となっています。

アパレル業界のファクタリングの詳細はこちら

運送業

運送業に使うトラック

仕事に不可欠な大型トラックなどの大型車両は、初期投資だけでなく、燃料や整備点検などの維持費が必要。
その他にも、安全面への設備投資や環境対策装置など、運送業が負担するコストは大きいです。

にも関わらず、交通事故や車両の故障などの緊急事態にそなえて多額のキャッシュが必要となるため、運送業では売掛債権や運送料債権のファクタリングが行われています。

運送業界のファクタリングの詳細はこちら

貿易業

貿易業のファクタリング

海外企業を相手にする貿易業は、国内取引と比べて代金回収のリスクが大きい業界です。

こうしたリスクヘッジの手段として、銀行が発行する貿易信用状(L/C)が長い間利用されてきました
しかし、近年、L/Cにかかる膨大な手間と時間を削減する画期的な方法として、ファクタリングの価値が見直され始めています。

貿易業界のファクタリングの詳細はこちら

介護業

介護業のファクタリング活用事例

高齢者の割合が年々増加している日本社会にとって、介護業は働く世代を支えるなくてはならない業界です。
しかし、その売上のほとんどをしめる国からの介護報酬が支払われるのは、基本的に約2ヶ月後。

非常に厳しい入金サイトでやりくりしなければならない介護業界を、ファクタリングは資金面からバックアップしています。

介護業界のファクタリングの詳細はこちら

不動産経営

不動産経営のファクタリング活用事例

先払いを原則とする商売の中でも、土地や建造物などを取り扱うため、特に先行投資金額が大きいのが不動産経営。
一度の取引で大金が動くので、言い換えればそのぶん資金ショートを起こしやすいといえるでしょう。

また、家賃や物件使用料など安定した売掛債権はファクタリング業者にも好まれやすいので、他業種よりも敷居が低く、比較的安い手数料で利用できるのが特徴です。

不動産業界のファクタリングの詳細はこちら

ネット通販

ネット通販業界におけるファクタリングの事例とは?

インターネットが発達した現代、誰もが一度は利用したことがあるであろうネット通販業。
家賃や土地代などがかからないぶん、低い原価で高品質が実現できるのが魅力ですが、その仕組み上、売上から実際の入金まで常にタイムラグが発生します。

特に、広告宣伝費や仕入れの費用がかさむ創業時は、その運転資金としてファクタリングがよく利用されています。

ネット通販業界のファクタリングの詳細はこちら

ファクタリングの利用方法

ファクタリングは、以下の手順に沿って簡単に利用できます。

STEP1:申し込み

ファクタリングは、電話やWebで申し込みが可能です。

STEP2:仮審査

利用会社と、ファクタリングの対象となる売掛先や売掛金について、ファクタリングの希望金額など基本的なヒアリングがおこなわれます。

STEP3:本審査

口頭試問の仮審査に通過すると、正式な審査にうつります。
仮審査で伝えた内容が事実であることを証明する書類を準備しましょう。

審査に要する日数は各社によって異なりますが、即日〜3営業日が平均です。

STEP4:契約

契約書等、ファクタリング会社が用意した書類に目を通して、署名・捺印します。

STEP5:現金入金

契約締結完了後、利用会社の指定口座に、手数料分を差し引いた売掛金の金額が入金されます。

STEP6:売掛金振込

支払い期日になると、売掛金がファクタリング会社に入ります。
売掛金の入金方法は、取引の種類によって、売掛先が直接ファクタリング会社に振り込む場合と、利用会社が振り込むタイプに分かれます。

基本的には、このような手続きの流れとなっています。
が、それぞれ契約の結び方や売掛金の取り扱い、手数料などは取引によって異なります。

ファクタリングの歴史

欧米におけるファクタリングの歴史

ファクタリングは、1900年頃に運用が開始された、アメリカ生まれの資金調達方法。
100年以上も歴史をさかのぼる、当時アメリカの高度経済成長を根強く支えた金融取引です。

ファクタリングで支払いサイクルを前倒しすることによって、当時の企業はどんどん事業を回転させることができたのです。

そしてそのような企業の成長が組み合わさって、アメリカ経済全体の発展へと繋がりました。

こういった恩恵を受けたこともあり、アメリカや欧米では今でもなお、ファクタリングは一般的な資金調達方法として、君臨しています。

日本におけるファクタリングの歴史

その一方で、日本のファクタリングの歴史は1970年代から登場しました。
その頃の日本ではもう、「資金調達方法といえば銀行融資」という一般的な通念がすでに形成されていたことと、手形割引という類似したサービスを銀行が提供していたため、その存在は深く浸透するまでに至りませんでした。

しかし、手形割引の利用は1991年のバブル崩壊を境に、どんどん減少していきます。
それとともに、手形割引にはないファクタリングのメリットにスポットライトが向けられるようになり、現在その価値が見直され始めています。

>>ファクタリングの歴史について詳細はこちら

ファクタリングの活用法

ファクタリングは、一時的に資金繰りが苦しい時だけでなく、新規事業の運転資金、事業拡大など企業の明るい未来を切り拓ためにも利用することが可能です。

このように、企業のビジネスの幅をより広げる可能性を持つファクタリングには、いくつかの種類があり、場面や自社の状況に応じて使い分けることができます。

2社間ファクタリング

ファクタリング会社と二者間で取引する方法です。
売掛先(自社に支払い予定がある企業)にファクタリングの旨を通知する必要がないので、売掛先にファクタリングを知られたくないという場合に有効です。

利用の流れとしてはまず、ファクタリング会社から利用会社へ、売掛金の額面から手数料分を差し引いた金額が入金が行われます。
そして支払い期日になると、売掛先は予定通り利用会社に売掛金を納入。
利用会社は、その入金額をファクタリング会社に支払います。

売掛先からいったん自社に納入された代金を、ファクタリング会社に入れ直すイメージです。

つまり、二社間ファクタリングでは、売掛先の支払先に変更はありません。

利用会社が、本来の支払い期日に自社に入ってきた売掛金を後からファクタリング会社に移し替える形をとります。
この手続きを踏むことによって、取引先に知られずにファクタリング会社と自社の二者間のみで取引が可能になります。

ただし、ファクタリング会社からすると、利用会社が入金された売掛金を自社のために使いこんでしまうなど、踏み倒されるリスクも高くなっています。

そのため、手数料は売り掛け債権の10〜30%と高めに設定されています。

3社間ファクタリング

ファクタリング会社と利用会社、そして売掛先の三者間で取引する方法です。
こちらは、契約に売掛先の承諾が必要になるので、ファクタリングの利用は知られてしまうことになります。

ファクタリング会社から、実際の支払い期日より早期に、利用会社に入金が行われるところまでは二社間取引と同じ。

二社間取引との違いは、売掛先にとって、売掛金の支払い先が、利用会社からファクタリング会社に変更となることです。

ただし、日本では、ファクタリングの文化がまだそれほど浸透していません。
このため、取引先によっては良くない心象を与えてしまう恐れがあることに注意しましょう。

そのかわり、ファクタリング会社にとっては、売掛先から直接売掛金を支払ってもらえることになるので、利用会社から資金を回収できなくなるリスクを軽減できるというメリットがあります。

そのため、手数料は1%〜5%前後と2社間取引と比較して安くなるのが特徴です。

2社間・3社間取引のファクタリングの違いの詳細はこちら

個人事業のファクタリング

法人と違って、個人事業主の場合は、資金調達面では何かと不利になることが多いのが現状。

危機的状況に限って、「個人事業主は不安定だから」という理由だけで銀行融資を断られるなど、理不尽な扱いをされることも少なくありません。

しかし、ファクタリングの審査の基準は売掛先となりますので、一定の要件を満たしていれば個人事業主でもきちんと対応してくれます。

特に、個人事業主に対応しているファクタリング会社であれば、柔軟な審査基準で前向きに検討してくれます。

個人事業主が利用するファクタリングについて詳しくはこちら

ファクタリングで注意すべきこと

ファクタリング会社が買い取ってくれる売掛金には、条件があります。
確実に回収できる売掛金であると判断してもらえなければ、ファクタリング会社に債権を買い取ってもらえないので、注意しましょう。

また、ファクタリングの利用を検討しているときは、資金がショート寸前など、焦っていることがほとんど。
まだまだ規制も少なく、参入障壁も低いファクタリング業界には、そんな経営者の弱みにつけこんでお金を搾り取ろうとしてくる悪徳業者がいるので、注意する必要があります。

他の資金調達方法との比較

ファクタリングは、債権の譲渡によって現金を得るという方法なので、他の資金調達方法とは様々な違いが出てきます。

担保や保証人が不要、不渡りリスクがない、信用情報に影響しないなどの恩恵を受けることができます。

しかし、そのぶん手数料が高いということや、審査対象が売掛先になるなど、その仕組みと違いをよく知っておかないと、後々後悔することにもなりかねません。

借り入れではない分、どこがメリットでどこがデメリットになるのか、どんな状況の時に有効なのかなど、その特性を十分理解しておきましょう。

まとめ

ファクタリングは、資金繰りに苦しい企業に手を差し伸べる、救世主です。

借り入れではなく、売掛債権を売却して資金を得る方法なので、負債を増やすことなく、スピーディに現金を調達することができます。
このように、他の資金調達方法にはないメリットがある一方で、手数料が高いという側面もあるため、長期的に利用するというよりは、必要に応じて場面で活用していくのが賢明です。

目処を立てずに一時しのぎで利用すると、かえって自分の首をしめてしまうことにもなりかねないので、慎重に利用を検討することをおすすめします。

ファクタリング会社の比較はこちら